読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎖で繋がれたように

厦門に来ています。春節ぎりぎりまで拘束時間が続きそうです。はたまた年越しか。


さて、今回は代理店の忘年会をハシゴすることになりました。つい先日まで蘇州に捕まっており、やっと一段落と思いきや、厦門に呼び出されました。年末よろしく忘年会も当然参加させて頂いたところ。はて厦門にくると、やっぱり待っていたと言う算段でした。


飲むのが趣旨ですから、飲みます。しかしながらそれでは終わりません。こちらでは、お年玉を出さないといけないのです。(すべての会社がそうではありません。)

しこたま飲んだところで、トランプを持った代理店スタッフが回って来ました。引けとその手を突き出します。さっと一枚抜き取るとハートのキング、は1000元。


この忘年会行事の方法は会社によって色々。紅包が回ってくるところ。食事会前であったり、中であったりもそれぞれです。ちなみに紅包とはお年玉袋です。赤くて、大きさはお札大になります。えげつない会社では、お札を手に高々と挙げてのジャンケン勝ち抜き戦なんてこともします。いつも大人しいスタッフが、目の色を変えてジャンケンに興じる姿は、何とも形容し難いもの。ましてや、知れずとグーをチョキに変える姿など。


ともかく、厦門に呼ばれてそそくさと出て行った先には、こちらの支店でも忘年会が組まれていたって寸法です。


はたして私の財布の運命や如何に‼