読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かの為に働く

 「誰の為に働くか」があっていい。ある面接官に言われた言葉です。私も40になりますが、考えた事ありませんでした。当然考えるべき事なのでしょうか。私以外の方はどうなんでしょう。

 

 教育産業に携わっているその会社には、とても明快な企業理念がありました。創始者の言葉でした。残念ながら、私にはその意味を理解する事は出来ませんでした。ぐっと来なかったのです。面接は上手くやったつもりですよ。しかし、心にもないことは言えないんでしょう。冒頭の言葉を頂いてしまいました。

 

 「誰かの為に働く」は、言い換えてみれば、自分の顧客は誰かということです。