読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地鉄に乗る時の座席争奪戦には極

地鉄に乗る時の座席争奪戦には極まるものがある。
扉が開いた瞬間に我を先にと車内へ流れ込む。たまたま先頭のに並ぶことになると、私などは後ろからの圧力で列車中に投げ出されてしまう。

朝は特に激しい。

まるでフルーツバスケットの様になっているので、自分で進む方向が決められない。流れに身を任せていると目の前に空いた席があることもある。

今日は座れた。

分からないのは、席があらかた決まった後で、大抵の場合席の譲りあいが有るのだ。身内同士だったり、年配の方へ対してだったり。あれだけ争い取った席なのに最後は譲り合って収まる。

主張はするけれど他人の言うことも受け入れる。イライラするのは、まだまだ慣れが足りないからかもしれない。

もう少し馴染むべきだろうか。

イヤイヤ、そこにはジレンマがある。


iPhoneから送信